検索エンジン会社へ除外申請

風評被害対策や誹謗中傷対策を行う場合には色々な方法が存在しているのですが、そんな中でもかなり有効的と言われている方法は、検索エンジン会社に除外申請をすることです。
しかし、除外申請をしても全ての誹謗中傷に対して申請が通る訳ではなく、実際に申請が通らなかった例も多数あります。

主な検索エンジンと言えばグーグルなのですが、グーグルできちんと誹謗中傷の書き込みを除外していれば、かなりの逆SEO対策になるのです。
ですが現状ではこの方法を行っても除外される可能性が低いという点と、次から次へと誹謗中傷の書き込みが行われるので、書き込みの削除以外にも色々な逆SEO対策が必要になります。
場合によっては誹謗中傷の書き込み削除をおこなったとしても、今度は会社のホームページそのものの順位が下がってしまうという可能性もあるのです。
このような本末転倒にならないためには、検索エンジンの削除だけでは十分ではありませんので、状況に応じた逆SEO対策を行わなければいけません。
逆SEO対策ならこちら

気力と体力も必要

経営コンサルティングの道で活躍するためには、豊富な知識は当然必要となるのですが、知識だけでは不十分と言えるでしょう。
その理由は、経営コンサルティングの仕事はかなり重労働であり、精神的にも体力的にもきつい仕事となっていることから、気力と体力がない人には向いていません。
経営コンサルティングの仕事をしていく場合には、最初から独立できるほど甘くはないので、やはり経営コンサルティング業者にまずは勤務することになるでしょう。
そうした場合には、朝出社してからメールのチェックに始まって、その後すぐに相談先へ出張に行く場合もよくあります。
移動中にも電話がかかってくることがあるので、かなり忙しくなります。
他にも書類の作成や市場調査などの情報収集もあるので、一般的な営業職よりも気力と体力が必要になるのです。
もちろん経営コンサルティングとしての知識も必要なので、知力と気力、体力の3力が必ず必要になる業種が経営コンサルティングと言われています。
ビジネスジャーナルの田中雅子氏の連載も参考になります。

実は依頼者を減らしている

経営コンサルティングの仕事というのは、企業や商店などの事業主が経営のことに関して相談に来るので、相談の内容を解決する手助けをするのが主な仕事内容です。
しかし、経営コンサルティングの仕事というのは、実は依頼者を減らすために日夜働いているのです。
なぜ企業の経営者や商店などの事業主が経営コンサルティング業者に相談を依頼するのかというと、経営に関してわからないことや不安なこと、うまくいかないことなどを解決するために相談を持ちかけます。
よって依頼内容が解決してしまえば、もう経営コンサルティング業者に依頼する必要がなくなってしまうのです。
よって新規顧客を獲得しなければ、経営コンサルティングという仕事は成り立たなくなるので、かなり厳しい業界と言えるでしょう。
経営コンサルティングの仕事を自動車販売店に置き換えてみると、1度自動車を購入してしまえば、もう修理も車検も売却も何も行わないと言っているようなものです。
ただし、依頼者の不安やわからないことを解決することで、どんどん実績や知識として残っていくのも経営コンサルティングの特徴です。
田中雅子さん(経営コンサルタント)などが有名な経営コンサルタントです。

電子黒板もセキュリティは大切

電子黒板は色々な機能が付いていて便利なのですが、インタラクティブホワイトボードは遠隔地とも共有ができますし、多くの人が利用するので、やはり大切なのはセキュリティでしょう。
会社であれば社内機密をしっかりと保護できるようにするべきですし、学校であれば生徒や教員の個人情報などはきちんと守らなくてはいけません。

インタラクティブホワイトボードはコンピューターウイルスなどの脅威に対してしっかりと対策ができていますし、保存していない内容などは、電源を切れば消去されるようになっている種類もあるので、消し忘れなどによって個人情報や機密情報が漏れないようになっているのです。
しかし、全てのインタラクティブホワイトボードがこのような万全なセキュリティ対策ができているという訳ではないので、ホワイトリストに基づいたセキュリティ対策ができているインタラクティブホワイトボードを購入する必要があります。
特に近年では海外からのサイバー攻撃が頻繁に起きているので、セキュリティ対策はとても重要なのです。

経営コンサルタントとはどんな仕事?

経営コンサルタントの仕事

あなたは経営コンサルタントの仕事についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
経営コンサルタントは、それまで得てきた経験や知識を生かし、足を使って集めたデータなどを参考・分析したりして、経営のアドバイスをする仕事です。
社長をやったことがある人なら、一般社員に比べて業界や経営全体のことに精通されているかと思います。

経営コンサルタントに必要なスキル

経営コンサルタントは、調査と分析のスキルを求められますので、社長をやっていた方が経営コンサルタントに転身するケースも多いようです。
しかし、社長は経営のことを考えますが、調査・分析・統計解析といった地道な裏仕事は普段あまりされないのではないかと思います。
経営コンサルタントにとって、知識やノウハウもさることながら、調査・分析スキルも必須です。
ここを疎かにして、経験だけで安易にアドバイスをするような経営コンサルタントは長く続かない(クライアントに結果を与えられない)と思います。
徹底したマーケティングをし続ける意思が求められる職種だと言えます。

参考:田中雅子連載経営コンサルタントの田中雅子氏の連載)