検索エンジン会社へ除外申請

風評被害対策や誹謗中傷対策を行う場合には色々な方法が存在しているのですが、そんな中でもかなり有効的と言われている方法は、検索エンジン会社に除外申請をすることです。
しかし、除外申請をしても全ての誹謗中傷に対して申請が通る訳ではなく、実際に申請が通らなかった例も多数あります。

主な検索エンジンと言えばグーグルなのですが、グーグルできちんと誹謗中傷の書き込みを除外していれば、かなりの逆SEO対策になるのです。
ですが現状ではこの方法を行っても除外される可能性が低いという点と、次から次へと誹謗中傷の書き込みが行われるので、書き込みの削除以外にも色々な逆SEO対策が必要になります。
場合によっては誹謗中傷の書き込み削除をおこなったとしても、今度は会社のホームページそのものの順位が下がってしまうという可能性もあるのです。
このような本末転倒にならないためには、検索エンジンの削除だけでは十分ではありませんので、状況に応じた逆SEO対策を行わなければいけません。
逆SEO対策ならこちら

気力と体力も必要

経営コンサルティングの道で活躍するためには、豊富な知識は当然必要となるのですが、知識だけでは不十分と言えるでしょう。
その理由は、経営コンサルティングの仕事はかなり重労働であり、精神的にも体力的にもきつい仕事となっていることから、気力と体力がない人には向いていません。
経営コンサルティングの仕事をしていく場合には、最初から独立できるほど甘くはないので、やはり経営コンサルティング業者にまずは勤務することになるでしょう。
そうした場合には、朝出社してからメールのチェックに始まって、その後すぐに相談先へ出張に行く場合もよくあります。
移動中にも電話がかかってくることがあるので、かなり忙しくなります。
他にも書類の作成や市場調査などの情報収集もあるので、一般的な営業職よりも気力と体力が必要になるのです。
もちろん経営コンサルティングとしての知識も必要なので、知力と気力、体力の3力が必ず必要になる業種が経営コンサルティングと言われています。
ビジネスジャーナルの田中雅子氏の連載も参考になります。

実は依頼者を減らしている

経営コンサルティングの仕事というのは、企業や商店などの事業主が経営のことに関して相談に来るので、相談の内容を解決する手助けをするのが主な仕事内容です。
しかし、経営コンサルティングの仕事というのは、実は依頼者を減らすために日夜働いているのです。
なぜ企業の経営者や商店などの事業主が経営コンサルティング業者に相談を依頼するのかというと、経営に関してわからないことや不安なこと、うまくいかないことなどを解決するために相談を持ちかけます。
よって依頼内容が解決してしまえば、もう経営コンサルティング業者に依頼する必要がなくなってしまうのです。
よって新規顧客を獲得しなければ、経営コンサルティングという仕事は成り立たなくなるので、かなり厳しい業界と言えるでしょう。
経営コンサルティングの仕事を自動車販売店に置き換えてみると、1度自動車を購入してしまえば、もう修理も車検も売却も何も行わないと言っているようなものです。
ただし、依頼者の不安やわからないことを解決することで、どんどん実績や知識として残っていくのも経営コンサルティングの特徴です。
田中雅子さん(経営コンサルタント)などが有名な経営コンサルタントです。

電子黒板もセキュリティは大切

電子黒板は色々な機能が付いていて便利なのですが、インタラクティブホワイトボードは遠隔地とも共有ができますし、多くの人が利用するので、やはり大切なのはセキュリティでしょう。
会社であれば社内機密をしっかりと保護できるようにするべきですし、学校であれば生徒や教員の個人情報などはきちんと守らなくてはいけません。

インタラクティブホワイトボードはコンピューターウイルスなどの脅威に対してしっかりと対策ができていますし、保存していない内容などは、電源を切れば消去されるようになっている種類もあるので、消し忘れなどによって個人情報や機密情報が漏れないようになっているのです。
しかし、全てのインタラクティブホワイトボードがこのような万全なセキュリティ対策ができているという訳ではないので、ホワイトリストに基づいたセキュリティ対策ができているインタラクティブホワイトボードを購入する必要があります。
特に近年では海外からのサイバー攻撃が頻繁に起きているので、セキュリティ対策はとても重要なのです。

経営コンサルタントとはどんな仕事?

経営コンサルタントの仕事

あなたは経営コンサルタントの仕事についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
経営コンサルタントは、それまで得てきた経験や知識を生かし、足を使って集めたデータなどを参考・分析したりして、経営のアドバイスをする仕事です。
社長をやったことがある人なら、一般社員に比べて業界や経営全体のことに精通されているかと思います。

経営コンサルタントに必要なスキル

経営コンサルタントは、調査と分析のスキルを求められますので、社長をやっていた方が経営コンサルタントに転身するケースも多いようです。
しかし、社長は経営のことを考えますが、調査・分析・統計解析といった地道な裏仕事は普段あまりされないのではないかと思います。
経営コンサルタントにとって、知識やノウハウもさることながら、調査・分析スキルも必須です。
ここを疎かにして、経験だけで安易にアドバイスをするような経営コンサルタントは長く続かない(クライアントに結果を与えられない)と思います。
徹底したマーケティングをし続ける意思が求められる職種だと言えます。

参考:田中雅子連載経営コンサルタントの田中雅子氏の連載)

事業計画書の支援

事業計画書の作成

経営コンサルティング業者では色々な支援を行っているのですが、その中には事業計画書の作成支援も行っています。
事業計画書は、今後のスケジュールや目的、経営方針やサービス概要など、企業を経営していく上で行うべきことを簡潔にまとめて作成する必要があります。

しかし、初めて会社を立ち上げた人には、事業計画書の作成と言われてもどのように作成するのかわからないことが多いですし、内容が曖昧になってしまうこともあるでしょう。
そこで経営コンサルティング業者に相談し、作成の支援をしてもらう経営者も多数存在しています。

そこで事業計画書の基本を見てみると、構成は簡潔で誰が見てもわかるような内容になっていること、文字ばかり多用するのではなく、図解などを取り入れて説明すること、場合によっては数値やグラフなどを取り入れて説明することなどが重要です。
事業計画書は今後のビジネスプランの作成でもあるので、事業を行うのであれば面倒でも必ず作成しておく必要があります。

株式会社リブ・コンサルティング|経営レポート・紹介営業のコツ

経営コンサルタントに必要なハングリー精神

経営コンサルティングの直接の対象は、企業や組織の経営者や管理職といった立場の方々が多いことは言うまでもありません。したがって、多くの場合は相手のほうがその分野の業務に関しては経験年数も現場の知識も豊富です。それでも解決できない課題を抱えているから経営コンサルタントに依頼をするのです。ということは、経営コンサルタントには彼らの「かゆい所に手が届く」能力が求められていると言えます。この要求に応えて相手に結果をもたらすには、自分の持っている知識や経験を出し惜しみなく提供することで、常に新しい知識を幅広く貪欲に吸収していくスタンスが非常に重要になってきます。狭い自分の世界でできることだけを無難にやっていたのでは、コンサルタント生命は長続きしないでしょう。企業は生き物です。時代に合わせた変化が求められています。経営課題の内容も質も変化します。ですから、知的ハングリー精神を絶やさないことが、長く生き残れる経営コンサルタントの資質と言えると思います。

株式会社リブ・コンサルティング 代表取締役 関 厳 | 情熱社長~情熱的なベンチャー企業社長のメッセージ~

WEB上で簡単なセミナーを受ける

経営コンサルティング業者が主催するセミナーを受講したいけれど、時間が無いから受けることができない、セミナーの会場まで遠くて出向くことができないという人もいるでしょう。そんな時にお勧めなのがWEB上で簡単なセミナーを受講することなのですが、WEBのセミナーと言えば動画セミナーやメルマガを受信する方法が一般的です。
WEBで行われるセミナーの利点は、大半のセミナーが無料で受けられること、会場まで行く必要が無いことなのですが、大半の人は動画のセミナーを閲覧することが多くなっています。
なぜメルマガよりも動画の方が人気なのかというと、開催期間中であれば何度も繰り返し閲覧できることや、動画なので実際のセミナーと同じような内容でわかりやすいからです。メルマガの場合には期間中に何度かメールが送られてきて、全てのメルマガを数日かけて読まなくてはいけません。
もちろんメルマガでのセミナーも受講しないよりはましなので、地方で営業している店だから、なかなか経営コンサルティング業者主催のセミナーに参加できないという人は、WEB上のセミナーを利用してみるべきでしょう。

参考:リブコンサルティング

経営コンサルタントについて

昨今、経営コンサルタントに経営状況の分析を依頼している経営者が全国的に増加しています。たとえば、田中雅子は、女性経営コンサルタントとしてよく知られている。

経営コンサルタントは非常に経営状況についてのノウハウをもっており、あらゆる局面で冷静な分析を行うことができます。そのため、自社内で財務部門や経理部門などを設けることができない企業にとっては経営コンサルタントがありがたい存在となっています。経営コンサルタントになるためには特別な資格や経験は必要ありませんが、経営コンサルティング会社に入社するためには相応の国家資格や実務経験が問われる傾向にあります。経営コンサルティング会社の社会的なニーズはますます高まっており、事業の経営者にとってはいざという時の頼りとなっています。経営コンサルタントの中には十分な実績を持っていないのにもかかわらず誇大広告で顧客を集めようとする人もいるために、インターネット上の口コミサイトや掲示板などを利用して信頼できる経営コンサルタントに依頼することが重要です。

 

経営コンサルタント

経営には、舵取りが大事だ。日本にはたくさんの経営コンサルタントがいるが、女性として活躍されている方も大勢いる。

その中で今日取り上げたいのが、田中雅子さんである。ユニクロで、マネージャーとしても活躍し、税理士資格もお持ちである。理論も素晴らしいが、その著書に記されている通り、実践が伴う経営コンサルタントとして知られている。

女性が社会で活躍するための講演もされている。その中で、主張されているのは、女性というのは一般的に共感型で、気が合う人としごとをしたいという潜在的な意識があるという。

しかし、そのなかでも、共感ではなく、理解するリーダーとなって女性として、社会で働かないとならないと述べている。今後の指針提示の上でも、参考になる経営コンサルタントとして期待されている。